長田工務店では、木材の特徴を生かした在来軸組工法を中心に、耐震性・耐久性の高い住まいをご提供します。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

株式会社長田工務店

お電話でのお問い合わせ 042-581-1657

東京都日野市多摩平5-5-5 

地元日野市で創業54年の実績。素材・機能・耐震を中心に地域の皆さまに「安心・快適な住まいづくり」のお手伝いをします。

本文のエリアです。

代表取締役会長

私は昭和5年に、山梨県西原村で生まれました。大東亜戦争の末期にあたる昭和20年、私は16歳で義勇軍に志願し、その年の3月15日に地域の小中学校の全生徒や村の住民の皆様に見送られて生家を出ました。「日本は必ずこの戦争に勝つ」と信じていましたが、昭和20年8月15日に敗戦となり、私は翌月末に生家に戻りました。そのとき、焼け野原となった東京を復興させる為に、自分はこれから何をしたら良いのかと考え、大工になることを決心したのです。

 そして私は八王子市にある工務店で見習いとして働き始め、約12年間建築工事現場に携わり、その間には大手住宅メーカーの一戸建注文住宅の施工現場も担当しました。これが私の人生にとって最大の修業となり、その後独立できるまでの技量を身につける貴重な経験となったのです。

 昭和34年、28歳のときに私は一大決心をして独立し、日野市多摩平の地を今後の基盤とすべく土地を購入して自宅を建て、結婚もしました。3年後の昭和37年には「株式会社 長田工務店」を設立しました。

 会社設立後は、日野市立第六小学校体育館新築工事を皮切りに、その後も市内小中学校4校の体育館新築工事などを手掛け、その一方で一戸建て注文住宅を中心にして新築工事の受注量を順調に伸ばすことができました。またその頃、数人の弟子も自宅隣に宿舎住み込みで加わることになり、人を育てることの難しさを知ると共に、自分自身も成長していることに気づかされました。この頃の業務実績と人材育成の成果が、現在の長田工務店の礎になっています。

私は独立して会社を設立したあとも、日常の業務をこなしつつ「建築大工職業訓練指導員」「二級建築士」「一級土木施工管理技士」「一級大工技能士」の資格を独学で取得するなど、日々自己研鑽に努めてきました。また地域との繋がりを深めるために、日野市商工会会長・日野市消防団団員・交通安全協会支部長なども務めさせて頂きました。弊社の社員諸君にもこの精神を継承してもらい、社員一人ひとりが常日頃から自己修練と自己変革に励み、また地元の皆様との繋がりを大切に建築の分野から地域に貢献していくことを期待しています。

取締役会長 長田富夫

ページトップへ戻る