長田工務店では、木材の特徴を生かした在来軸組工法を中心に、耐震性・耐久性の高い住まいをご提供します。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

株式会社長田工務店

お電話でのお問い合わせ 042-581-1657

東京都日野市多摩平5-5-5 

地元日野市で創業54年の実績。素材・機能・耐震を中心に地域の皆さまに「安心・快適な住まいづくり」のお手伝いをします。

本文のエリアです。

耐震セイフティ工法

耐震セイフティ工法とは

「耐震セイフティ工法」は、木造住宅の耐震化を促進する為の手軽で確実な工法です。
開発者である耐震補強研究所(株)の代表 大津紀一は、35年以上にわたる工務店経営により蓄積された木造住宅耐震化のノウハウを、金物と工法の開発により広く普及するための方法を実現いたしました。

その工法が 「耐震セイフティ工法」 です。

「耐震セイフティ工法」は当初新築用として開発され、試験による強度確認をした後、国土交通省への認定を申請いたしました。
様々な苦労の結果、無事国土交通省の認定を取得し、これからの住まいづくりにおける安心と安全が実現できると喜んでおりましたところ、新築用としては手軽 で確実な耐震化が行えるけれど、リフォーム工事においては手軽な施工は難しく、何らかの工夫が必要であるとの声を聞き、更なる改良の結果、リフォーム用と しての工法も出来上がり、さらに信頼の証としての(財)日本建築防災協会からの技術評価も取得することができました。

この「耐震セイフティ工法」は、特許を取得しZマーク金物同等認定をいただいた下記「耐震補強三角火打金物」を使用した木造住宅耐震化の工法です。

おかげさまで現在手軽でしかも確実な木造住宅の耐震化工法として、普及が加速しております。是非一度お試しになり、その効果を体感していただき、日本の木造住宅の耐震化の促進にご協力をいただければ幸いです。

「耐震セイフティ工法」の特徴

  • 特徴その1:耐力壁と開口壁                                             耐力壁とは、筋交いを取り付け、強い地震から倒壊を防ぐ重要な壁です。開口壁とは、窓等(掃出しも含む)で筋交いの取り付けられない壁を言います。開口壁は、耐力が無く、窓の多い住宅は、強い地震に耐える事が出来ず、倒壊してしまいます。『耐震セーフティー工法』の技術は、開口壁(掃出しも含む)を、窓を設けたままの状態で、耐力壁と同等の耐力を持たせることができ、強い地震から、住む人と財産を守ることが出来ます。
  • 特徴その2:「筋交いを設置するように手軽に使用できる」                           住宅の耐震化を考えた場合、最も手軽な工法は適切な箇所に筋交いによる耐力壁を配置することです。免震工法や制震金物の設置のような大掛かりな工法は、費用対効果を考えた場合現実的とは言いがたい状況です。 「耐震セイフティ工法」は、この手軽な耐震化工法である筋交いによる耐力壁の配置と同じ手軽さで工事が行えます。
    筋交いの代わりに、上記「耐震補強三角火打金物」を取り付けるだけ。取付も簡単。新築用では通しボルトを使って施工し、リフォーム用ではラグスクリューボルト(コウチボルト)を使って施工しますので、筋交いの設置に伴う固定金物の作業を考えるとほんとに手軽な耐震化が実現できます。
    さらに金物のサイズも1辺76cmと手軽なサイズであり、重量も4.2kgと軽量ですから作業性も良好です。
  • 特徴その3:「開口部のある壁を耐力壁として算定できる」                        新築の場合は、設計段階においてバランスよく耐力壁を配置することは容易にできますが、リフォームの場合そう簡単にはいきません。
     耐震診断の結果、耐力壁が必要な箇所に開口部があることも多く、特に南面のリビングやダイニングには掃きだし窓という大きな窓があったり、北面では小さな部屋(トイレ・洗面所等)の唯一の採光窓だったりします。 「耐震セイフティ工法」では、これら既存開口部(窓)をそのままに、耐力壁として住宅の耐震工法に利用できます。新築はもちろん、リフォームにおいても開口部のある壁を耐力壁として算定できるよう、認定を取得していますので安心してお使いいただけます。

耐震補強研究所

ページトップへ戻る